海洋調査開発・
再生可能エネルギー事業に
船員として携わる

現在募集内容

  1. 2024年度募集 (2025年度入社予定)
    甲板部職員 7名 機関部職員 6名
    ※リモート企業説明、3月中~下旬頃船舶見学受付中!
    エントリー・お問合せフォームよりお申込みください。

船員として、これからの未来へ。

共栄マリンは海洋調査・作業においてさまざまな実績を積み上げてまいりました。
これからは再生可能エネルギー開発(洋上風力発電)など新しい分野にもチャレンジいたします。

再生可能エネルギー開発支援

2023年、洋上風力発電・風車設置を目的とした自航式SEP船の船舶管理を開始しました。再生可能エネルギー開発を船員の立場から支援します。

船舶の様々なプロジェクト

サルベージ、沈没物の引き揚げや戦艦大和撮影調査まで、多種多様なプロジェクトを行います。

海洋調査・海底資源調査

メタンハイドレート・海底熱水鉱床に関する調査等海底資源開発に貢献しています。

航海エリア・入港地

北海道~沖縄での日本近海、時には海外でプロジェクトを行い、入港します。

働く環境を知る